成人式レポート

こんばんは、ネモです。

 

今日は、成人の日ということで成人式に行ってきましたのでそのことについてちょこっと書いてみたいと思います。

 

1.知っている人に会える

成人式に行く一つの理由であると思います。

正直、会ってすぐに名前を思い出したのと覚えていたのは、10人ちょっとでした。

 

5年ぶりくらいになるのかな?という人がほとんどでしたがすぐに知っている人に会えて良かったです。

 

2.地元の意外な広さに気付く

地元の中学校が第7中学校まであるので、1000人くらい。と予測したのですがもっと少なかったです。

 

しかし、同期が約1400人くらいということは、成人式の挨拶で言っていたので、意外と広いんだな。と感じました。

 

あとは、高校が一緒で違う中学校だけど、同じ市だったという事で会った人が何人かいました。

 

3.昔の自分が分かる

まだ、〜やってるの?といった質問を大量にされました。

会った人の7割くらいから言われた気がします。

 

ということから昔の自分が分かります。

 

4.成長は中学以降にする人が多い

会ってすぐに言われることは

「でっかくなったな」

ということです。

 

中学校の時は小さかったですが、今ではあまり変わらない人が多いのではないかな?と思います。

 

自分よりも小さかった人が自分よりも大きくなっていた時の微妙な負けた感がなんというか、、、という感じです。

 

5.特別な日とは思っていない

「知っている人おるかもしれないから行こう」

といった人が多かったです。(会った人の中調べ)

 

成人の日を祝うものではなく、人が集まるところに行こう。といった気持ちが会場に足を運ばせているのだな。と感じました。

 

まとめ

連絡と集まる場所さえ用意すれば、意外と多くの人が集まるのではないのかな?と思いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です