定義と概念の違い

定義

定義(ていぎ)は、一般にコミュニケーションを円滑に行うために、ある言葉の正確な意味や用法について、人々の間で共通認識を抱くために行われる作業。一般的にそれは「○○とは・・・・・である」という言い換えの形で行われる。基本的に定義が決められる場合は1つである。これは、複数の場合、矛盾が生じるからである。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/定義

 

「明日は、雨である」と定義すると

「雨なので、傘が必要である」となって

「傘は家にはない」から

「傘を買わなければいけない」といった風に文章が分かりやすくなります。

 

概念

概念(がいねん、哲学では仏: notion、独: Begriffというが、日常的に仏: concept、独: Konzeptという。コンセプトは前記フランス語から由来している)は、命題の要素となる項であり、言語的に構成された場合に名辞となるもの。

事象に対して、抽象化・ 普遍化してとらえた、思考の基礎となる基本的な形態として、脳の機能によってとらえたもの。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/概念

 

良く使われる言葉だと、「コンセプト」です。

 

「ふわふわして暖かいもの」であったり

「丸くて真ん中に穴が空いたもの」だったりします。

 

書いていることの通り、ふわふわした表現だと思います。

 

そこに「ふわふわして暖かいものは、ウールである」と定義することによって、そうなんだ。といった風になると思います。

 

概念では、大まかな範囲のことを指しています。

そこで、定義によって、これは〜である。とハッキリとさせます。

 

「学校」という概念と

「中学校」という定義

だとハッキリと連想できると思います。

 

大まかなものと絞ったものが概念と定義の違いである。といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です